淡路島の新鮮な魚介類を取り揃えています。
1年を通して淡路島の旬を存分にご堪能いただけます。
ぜひ淡路島ならではの旬魚を「居酒屋うの」で味わってください。

淡路島の鱧(はも)

淡路島の鱧は、一匹一匹を丁寧に「はも延縄」と呼ばれる漁法釣り上げるられます。
「黄金鱧」や「べっぴん鱧」と呼ばれ淡路島産の鱧は京都の料亭などでも重宝されます。
小骨を多くもつ鱧は、手間暇かけて骨切りされ、脂ののった身は淡泊ながらも深い旨みが特徴です。

淡路島3年とらふぐ

日本一の鳴門海峡の激流を受ける南あわじ市福良湾で「淡路島3年とらふぐ」はじっくり3年かけて育てられます。
その福良湾で上質な食事をたっぷりと与えられた淡路島3年とらふぐは身がギュッと引き締まり味わいも濃厚な味を楽しませてくれます。

淡路島サクラマス

サクラマスの旬は3~5月。身が美しいピンク色で桜の開花と重なることからその名が呼ばれます。
鳴門海峡の速い潮流はサクラマスの成育に絶好の環境であり、味は脂がのっているのに口の中に残らずあっさりとした高級食材です。
期間限定で居酒屋うのオリジナル「淡路島サクラマスあっさりレアカツ丼」をご提供しています。